ヤマサキ胃腸科クリニック

内視鏡検査

endoscopy

数多くの内視鏡検査で培った技術と経験と
最新の設備で楽で安心な内視鏡検査をいたします。

当院では過去10年間で、年間3000件以上の内視鏡検査を行ってきました。新しいクリニックでは、内視鏡センターを設置し、年間5000件以上の内視鏡検査を余裕を持ってできるように、最新の内視鏡スコープ、内視鏡洗浄機、検査後の休憩ベッド、快適な回復室を揃えました。また、内視鏡医師も院長以外に熊大消化器内科より経験豊富な内視鏡専門医師を派遣してもらい、日々の検査を行います。

当院の内視鏡検査の特徴

  • 麻酔による無痛検査

    静脈麻酔により軽く眠った状態で検査します。静脈麻酔は年齢、体格等に合わせた麻酔で安全に受けることができます。

  • 最新機器による検査

    特殊な光で観察し、微小ながんを発見しやすいNBI(狭帯域光観察)システムを使って、病変を100倍前後に拡大して、がんか良性かを鑑別します。胃内視鏡、大腸内視鏡でそれぞれ3台ずつ導入しています。

  • 日帰り内視鏡治療

    検査でポリープが見つかった場合は、ご希望に合わせて直ちにその場で摘出を行います。ポリープの大きさや形によっては入院での治療が必要となりますので、当院提携の病院(熊本大学病院消化器内科・外科、熊本地域医療センター、済生会熊本病院 等)をご紹介して共同で治療に当たります。

  • 内視鏡機器の消毒洗浄

    当院では、消化器内視鏡学会のガイドラインに沿って、最新の内視鏡洗浄機を3台使用し、高レベルの内視鏡洗浄を行い、患者様に安心して検査を受けていただけるよう努めております。