ヤマサキ胃腸科クリニック

当院について

About hospital

ごあいさつ

楽で安心な、内視鏡検査。

ヤマサキ胃腸科クリニックは開業30周年を期に、現地で新しいクリニックに建て替え、2021年5月より内視鏡を中心としたクリニックに生まれ変わりました。30年間の実績をもとに、今まで以上に地域の皆様一人ひとりが健康で元気な毎日を過ごしていただけるよう、医療を通して助力していく所存です。
最新の医療知見、最高の医療技術、最適な検査と治療を患者様に提供すべく、日々研鑽していく所存ですので、今後ともお支援賜りますようよろしくお願いいたします。

医師紹介

院長

山﨑 謙治

Kenji Yamasaki
経歴
1948年9月20日 熊本市九品寺に生まれる
熊本市立白川小学校、熊本市立白川中学校、熊本県立熊本高等学校 卒業
1974年 熊本大学 医学部 卒業
熊本大学医学部第一外科 勤務
門司鉄道病院 勤務
熊本地域医療センター 勤務
植木町立病院 勤務
1987年 大腸がんの肝転移に関する研究で医学博士学位取得
1990年11月 医療法人社団謙心会 ヤマサキ胃腸科クリニック 開院
現在までに胃内視鏡、大腸内視鏡合わせて70000件以上の実績
趣味
  • ゴルフ
  • 空手(初段)
  • 囲碁(五段)
  • 将棋
  • 麻雀
  • 山登り ほか
医師

山﨑 明

Akira Yamasaki
経歴
2008年 久留米大学医学部 卒業
2010年 熊本大学病院消化器内科 勤務
熊本大学病院 勤務
熊本赤十字病院 勤務
熊本地域医療センター 勤務
2016年 がん研有明病院へ国内留学
2018年 熊本大学病院消化器内科 勤務
所属学会・資格
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医・九州支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・九州支部評議員
  • 日本肝臓学会専門医
趣味
  • NBA鑑賞
  • バスケットボール
  • 音楽鑑賞(Spitzなど)

施設紹介

待合室

気持ちがリラックスできるよう、木や土、岩などをモチーフとした「森」のイメージに。大きな窓からは自然光がたっぷり入るものの、北側のため直射日光は当たりません。病院では珍しい外断熱と床暖房を取り入れるなど、快適な環境を整えています。

受付

落ち着いた茶系のロビーで、パッと目を引く白色の受付。冷たい印象にならないように、カウンターにはクッション性のある素材を採用。やさしさと柔らかさがあり、アットホームな雰囲気が感じられます。

内視鏡診察室

内視鏡検査の前後に、医師が診察するスペース。緊張される患者様も多くいらっしゃるので、木目を生かしたやさしい雰囲気にしています。

内視鏡検査室

最大の機能性を備えた内視鏡検査室。患者様がストレスなく移動ができるよう、診察室から回復室への動線も考慮されています。

内視鏡回復室

検査後、麻酔がさめるまでしばらく眠っていただくための回復室。落ち着く色のカーテンで仕切られた7床のベッドを用意しています。

内視鏡休憩室

回復室で目がさめてから、完全に麻酔が抜けるまでテレビを見ながら休憩をするスペース。森のイメージも残しつつ、家庭的にくつろげるようデザインしました。さらに旧クリニックにあった照明も再利用。以前から当院をご存知の方からは「懐かしい」といった声もお聞かせいただいています。

アクセス

住所
〒862-0968
熊本県熊本市南区馬渡2丁目12番21号
交通情報
電車・バスでお越しの方 〒862-0968
熊本県熊本市南区馬渡2丁目12番21号 お車でお越しの方 敷地内に駐車場がございますのでご利用ください。
40台駐車可能
連絡先
Tel. 096-379-6151
Fax. 096-379-6153
8:00-18:00 月〜土(木・土午前のみ)