ヤマサキ胃腸科クリニック

超音波検査

ultrasonography

痛みや被ばくの心配がない検査で
内臓異常の早期発見を行います。

超音波検査は、超音波を体表面から体内に向けて発して、組織にぶつかって跳ね返ってきた音を画像にする検査で、通称「エコー検査」とも呼ばれます。放射線とは違い、身体の被ばくがないため、無害で安全であることが特徴です。

腹部(肝・胆・膵・脾・腎・膀胱など)、心臓、頚動脈、甲状腺を対象とした検査が可能です。健診のオプション検査としては、腹部エコー検査と頚動脈エコー検査を受けることができます。

超音波に関する専門の資格(超音波検査士)を有する技師が対応いたします。どうぞご利用ください。

日本超音波医学会認定
超音波検査士
坂口 勝哉

2015年熊本地域医療センター臨床検査課長退職後、株式会社echo坂口を設立、代表取締役に就任。
40年にわたり超音波検査に携わり、これまでの超音波検査経験症例数は10数万件以上と熊本でもトップクラスを誇る超音波検査件数。

検査部位 検査内容
腹部 肝臓の状態(脂肪肝、肝硬変など)、胆のうでは結石やポリープ、他臓器の形態異常や良性・悪性腫瘍の有無を観察します。
頚動脈 動脈硬化が発生しやすい部位のため、動脈硬化の進行度や動脈の狭窄や閉塞などの有無がわかります。心筋こうそくや脳こうそくの予防に役立てることができます。
甲状腺 甲状腺から分泌されるホルモンは、全身の新陳代謝にかかわっています。そのホルモンバランスが崩れることにより、喉や首の違和感、疲労感、無気力、過剰な発汗など、さまざまな新陳代謝異常の症状があらわれます。そのようなときに、検査を受けられることをお勧めします。