096-379-6151 FAX 096-379-6153 8:00-13:00 14:00-18:00 休診日:日、祝、木・土午後 〒862-0968 熊本県熊本市南区馬渡2丁目12番21号
内視鏡の予約について

熊本の大腸内視鏡検査、内視鏡検査はヤマサキ胃腸科クリニック

苦痛が少ない大腸内視鏡に尽力しています ヤマサキ胃腸科クリニックは長年にわたり、この地で内視鏡検査を行ってきました。その経験や知識を生かし、今後も苦痛が少ない大腸内視鏡検査に尽力してまいります。 診療実績 平成29年1月~12月 胃内視鏡……1897例 大腸内視鏡……1386例 総数……3283例

当院の大腸内視鏡検査の特徴 features

01 ヤマサキ胃腸科クリニックでは年間1200例以上の実績 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は、挿入技術に差がある検査です。大腸は、一直線ではなく、曲がりくねり、重なり合い、細かったり、太かったりする管腔臓器であるために、内視鏡を入れていくには挿入技術が問われる検査です。当クリニックでは1年間(平成29年1月~12月)で1386例の実績があります。

02 静脈麻酔での無痛検査 鎮静剤の静脈注射で、ウトウトと軽く眠くなった苦痛が無いような状態で行い、とても楽に検査が受けられるようになっています。

03 ハイビジョン拡大・NBI機能つきの大腸内視鏡装置 大腸内視鏡用スコープはハイビジョン拡大、NBI機能付きの機器を使用しています。NBI機能(狭帯城光観察)や約100倍の拡大観察などで、微細な早期のがんの発見が容易になります。

04 完全無送気軸保持短縮挿入法(水浸・ストレート法) 従来の挿入法は空気で腸管を膨らませて、挿入方向を決め、内視鏡を押し進めていました、短時間で挿入できる代わりに、強い不快な痛みを伴う場合が多いのが欠点でした。当院の挿入法は、途中までは全く空気を入れず、代わりに水を注入して腸管の挿入方向を見極め、腸管を手繰り寄せながら挿入していくために、腸管がのばされるときの特有な不快な痛みがほとんどないのが特徴です。

05 大腸検査専用衣をご用意 当院では、女性の方でも抵抗なく検査を受けていただけるように、大腸検査専用衣をご用意しております。

診療案内 menu

  • 大腸内視鏡
  • 検査の流れ
  • 診療実績
  • 料金表
Page Top